FROM YUKI

2007.06.25

痛い。。

最近友達の自転車に乗らせてもらったんですが、その自転車というのが
なんか全ての構造において、速そうなやつあるじゃないですか
あの サドルとハンドルをつなぐ棒がまっすぐのあれです
異様に車輪がでかくて、結構本気の人しか乗ってないお値段の高いやつ!
それを持っていたので、これは乗らなくては!と思い乗らせてもらったのです
いや なんとなく予感はしてたんです。
まず サドルがとんでもなく高くて足なんて地面に着くはずがなく、おばちゃん乗りしないと乗れず しかもヒールはいてます
「これはまずそうだ」と思いながらも 乗りたい欲望のが勝ったので 乗っちゃったヨ!!!
まず1回目。 ちょっとした坂道で足場が悪く、即、軽くコケてみます
セーフのコケです
「んー 坂道だしこんなもんだ。」
と 自分に嘘をつきつつ 励ましてあげます
そして真っすぐな道で再トライ。
おー 乗れるー
調子に乗ってスイスイ行くのですが やがて真っすぐな一本道だった事に気がつきます  
  戻れません
Uターンしようと思うのですが、ここでもう一つ、さらに気がついておくべきだった事実発覚!
道幅と車輪の大きさです 明らかな見誤りです
このほっそーい道幅にこの車輪のでかさは酷すぎました
「んー 曲がれるか あ ダメだ いや いける! コケたくない! 痛いのヤダ!!」
と思いながら曲がろうと頑張っている目の前に、携帯でお話しているおにーさんがいました。
 わーおこっち見てらっしゃる。
その瞬間、私は2つの選択肢を迫られました。
1、必死で自転車にしがみつき、コケるかコケないかのところをいききする
2、いさぎよくコケる
   どっちもやです
でも、その短い瞬間に色々な事を分析した結果 私は2のいさぎよさを取ったのです
「よし!」と そのおにーさんの目の前で バターーーン と捨て身で倒れてやりました!! 
どーだっ!武士道スタイル!
その結果
 ↓
 ひざだよ!
痛いです 久々じくじくしてます
こんな怪我、小学生以来です。
でも この感じ、久々でちょっと楽しい感じです♪ 子供の勲章のような(子供じゃないけど)
ただ 昔と違うのは 傷跡が消えにくくなってきたことです。
きえるかな〜 ちょっと心配