FROM YUKI

2007.09.14

血液型談義

なんか タイトルかっこいいですねー
『血液型談義』。  三国志のなんかっぽい
それはおいといて、レコーディング中でございます!
ナニをナニしているかは秘密♪
もう少々お待ち下さいな!
歌う前の血糖値上げ中ピース

で、皆さんも色々な人と話す機会がたくさんあると思いますが、
初対面の人と話す時って何話します?
もうご存知の方も多いと思いますが、私は、重度の恥ずかしがりやです。
それでいて、「間」が怖いです。
なので、慣れていない人の時は、「間」を作らない為にとにかくしゃべりまくります
そんな時に役に立つのが『血液型談義』。
ある程度なごみ始めた時に使うと、さらにその場に花を添えてくれる感じになるのです
「何型ですか?」と聞くだけじゃだめなんです。
「何型ですか?いやっ!ちょっと待って下さい!!
私当てるの得意なんですよ!当てていいっすか?」
と聞くと、結構みんな ワクワクした顔をしてくれます
そして 当てるまでも、引き延ばすだけ引き延ばすんです
手としては、分析を交えつつ全ての血液型を言ってみるんです
「あぁ 全部言っちゃったよー」 なんて言われちゃって。
もう それだけで十分です。 
十分なんですが『血液型談義』の場合そこから更に、「この血液型は こーだあーだ」
と話を広げていく事が出来るのです!!!
おかげで「間」なんて ちっとも怖くありません!
みなさんも是非、『血液型談義』をお試し下さい♪
。。でもホントいうとね、血液型当てるの得意でもなんでもないです
 これ内緒ね!
『血液型談義の風景』