FROM YUKI

2007.10.02

『ねかぶる』ということ。 

とある仕事で帯広に行ったのですが、初めて豚丼というモノを食べました!
みなさん知ってる? 有名なんだってー  知らなかった!

ナニを撮りたかったのかよく分からない写真ですが、はげ天さんという所で食べました!

豚丼
んー おいしかった!
思いっきり豚ですが、すごーーーく美味しかったですよー^^
で、この旅の車中での事です。
前回書いた『まっちゃん』というタイトルの記事の最後の方で、
「ねかぶってた」という表現をしました。
ちょっとわかりづらかったので補足して説明すると、まっちゃんは疲れてるにもかかわらず、私の長飲みに付き合ってくれて
耐えきれなくて、半分寝てました。 と いう内容だったのです。
この記事を見たうちのスタッフが、「ねかぶるってなに?」
ってユキに聞いて来たのです!!!
ユキは内心(まーたー かまととぶっちゃってー) と思っていました
が、どうやらそこに居合わせた 誰もが「ねかぶる」という表現を知らなかったのです!!!  寝耳に水です!!!!
ウチの家庭&親戚の間では日常的に使われていた表現だっただけに、衝撃的でした。
使い方は「あ〜 ありゃ ねかぶっとー」 と言っていた記憶があります
ウチの両親は九州出身なので方言かなと思い、その場に居合わせた福岡出身の方なら知ってるだろーと聞いた所、
「えー なんで私にふるのー しらねーよー」的な空気が瞬時に流れてしまいました
これは 方言でもないのか!?
結構そういう事が多々あるのです
うちの母親に怒られる時は決まって
「こりゃ どこのばかごしくとごじゃろかっ!」 と 言われてました。
訳すと「この子は どこのおばかな子でしょう!」 だと思われます
皆さん わかりましたか?
まちがって、これを使ってしまうと大抵「なにそれー」と言われてしまいます。
うちのおばあちゃんは 話を聞く時に「そうでござるか〜」と、うなずいてくれます。
さらに「まこつかっ!」と、驚いてもくれます。
どうですか! ここに日本の歴史を感じるじゃないですか!!! 「ござる」に「まこつ」ですよ!
どうやら武家出身の為 こういう言葉使いらしいのです
歴史好きの私としましては、身近にそんな歴史を感じられ、ご先祖様の歴史にロマンを感じてしまいます
そんな言葉使いがここに載せられないくらい 沢山あります。
きっとその土地に根付いた言葉遣いなんでしょうねぇ
言葉遣いにも歴史ありなんでしょうねぇ
私はそんな言葉遣いが大好きです。
なんだか 怒られてても暖かみと愛情を感じられて、嫌な気分になりません
みなさんも きっと そういった言葉使いを持ってるんでしょうね^^
あ 最後に、マネージャー木村氏がいいこと言ってました。
ねかぶるという表現は便利だなーと。
半分寝てるよりねかぶるの方が、言い易いし 言い方がビンゴだと
確かに 便利ですよねー
みなさんも 「なにそれー」と 言われるのを覚悟で「あの人ねかぶってるー」と使ってみましょー